組頭研究室へようこそ!!

photo2レーザー分子線エピタキシー装置+in situ光電子分光複合装置
photo1酸化物ヘテロ構造を「つくる」
photo1酸化物ヘテロ構造作製中の電子線回折像
photo1高輝度放射光で「みる」
photo1非常に明るいX線(放射光)
photo1高エネルギー加速器研究機構 放射光施設 ビームラインBL2 MUSASHI
photo1酸化物ヘテロ構造をベースとした新奇な量子物質の設計・合成、および新機能の開拓
高エネルギー加速器研究機構 物質構造科学研究所 組頭研究室のホームページにようこそ。

当研究室では、高輝度放射光による「みる」技術と酸化物分子線エピタキシーという「つくる」技術を高いレベルで融合することで、酸化物ヘテロ構造をベースとした新奇な量子物質の設計・合成、および新機能の開拓を推進しています。

▼ 詳しい研究内容についてはこちらをご覧ください。

博士研究員や学生さんを随時募集中です。いつでも気軽にご連絡ください。

最新情報や更新情報

2019年度




2018年度
1月25日 第8回酸化物研究の新機軸に向けた学際討論会「関連分野における新展開と異分野融合」を東京工業大学 大岡山キャンパスで開催いたします。

10月22日 ACSIN14に参加した組頭研のKEK-PFと東北大メンバー合同での懇親会&吉松先生,ヤング君,横山さんの歓迎会を行いました。

10月21日ー25日 ACSIN14(14th International Conference on Atomically Controlled Surfaces, Interfaces and Nanostructures)に参加しました。 堀場,湯川,北村,小畑,志賀が発表しました。

10月5日 東北大学WPIにて,「放射光を用いたナノスピン材料科学の新展開」と題した研究会を開催いたします。詳細はこちら

9月21日 名古屋で開催される応用物理学会におきまして,機能性酸化物研究会企画のシンポジウム「IOTに資する高周波デバイスにおける機能性酸化物の役割」を開催しました。 詳しくは,こちら

9月18日 東北大学の佐藤宇史先生と共同で,JST戦略的創造研究推進事業CREST「ナノスピンARPESによるハイブリッドトポロジカル材料創製」が採択されました。 これからμARPES装置@KEK-PF,ナノスピンARPES装置@東北大を共同で建設していきます。

8月10日 簑原誠人特別助教(現:産総研・主任研究員)の論文「Growth of Antiperovskite Oxide Ca3SnO Films by Pulsed Laser Deposition」がJournal of Crystal Growthにアクセプトされました。 (8月20日 オンライン掲載されました。)

8月8日 PF特別課題(2018S2-004)「ディラック酸化物の探索」が採択されました。H30年度第二期からスタートします。

7月31日 東北大学大学院理学研究科 佐藤宇史先生との共同研究がPhysical Review B(Rapid Communication & Editors' suggestion)に掲載され,プレスリリース「ディラック線ノードの直接観測に成功 -トポロジカル量子コンピューター基盤物質を発見-」を行いました。 詳しくは,こちら。(8月24日 科学新聞に掲載されました。)

7月3日,4日にPF研究会「量子ビームと新規合成手法の融合による酸化物の新機能探索」(提案代表者:組頭広志)をKEKつくばキャンパスにて開催いたしました。 詳しくは,こちら

4月20日 東京理科大学理学研究科 樋口透先生との共同研究の成果が科学新聞に取り上げられました。詳しくは,こちら

4月9日 簔原誠人特別助教(現:産総研電子光・主任研究員)の研究課題「ディラック電子系アンチプロベスカイト酸化物薄膜の作製と電子状態評価」が科研費基盤Cに採択されました。

4月6日 4月から博士研究員として,小畑博士が参画しましたので,歓迎会を開催しました。よろしくお願いいたします。

4月6日 KEK内の東屋にてお花見をしました。

4月2日 東京理科大学理学研究科 樋口透先生との共同研究がApplied Physics Lettersに掲載され,プレスリリース「超薄膜から薄膜へ膜厚限界を打破 〜「バナジウムの異常な混合原子価」が導く絶縁体転移〜」を行いました。 詳しくは,こちら

4月2日 湯川龍特任助教の論文「Control of two-dimensional electric states at anatase TiO2(001) surface by K adsorption」がPhys. Rev. Bにアクセプトされました。 (4月23日 オンライン掲載されました。)

4月2日 北村未歩博士研究員の研究課題「酸化物電荷移動界面におけるバンド構造の元素選択的直接観測」が科研費若手研究に採択されました。

4月2日 小畑由紀子博士が博士研究員として着任しました。これからよろしくおねがいいたします。